なぜ不倫をしてしまったのかわからない・・

 

なぜ不倫をしたのかわからない夫たち

 

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

不倫をした夫たちは声を揃えて言う・・・

 

「なぜ、あの時、不倫をしてしまったのかわからない・・自分がバカだった。人間ではなかった・・。」

 

多くの不倫者は、なぜ不倫に足を踏み入れてしまったのか理由がわかっていません。

 

妻に問い詰められて考えているうちに・・ようやく少しずつわかるような感じでしょうか。

 

それもそのはずです。

 

不倫をした後、妻や家族がどれだけ傷つくのかを知っていたら・・不倫などできないでしょう。

 

多くは不倫という行為が、それだけ周りの大切な人達を傷つける行為だと知りません。

 

知っていたら、不倫などできないでしょう。

 

不倫は病気であるという認識を持つこと

 

そもそも、不倫とは”病気”です。

 

「そんなの他の人もやっているじゃないか」

 

という声が聴こえてきそうですね。

 

では、その他の人達も”病気”なのでしょう。

 

夫が不倫をすると、平気で嘘がつける人なんだ・・平気で裏切られる人なんだ・・という見方になります。

 

当たり前ですよね。

 

まさかそんなことをする人だなんて思っていませんから。

 

”こんな人だとわかっていたら結婚などしていなかった”

 

と結婚自体を後悔してしまうこともありますよね。

 

客観的に見ると、不倫をした本人の人格全てが

 

”平気で不倫をする人”

 

なのではなく、本人の中の”一部の人格”なのです。

 

この一部の人格は、すでに”病気”であると思って下さい。

 

では、”病気”という判断はどこからでしょうか。

 

それは、”心が健康な状態ではない”ということです。

 

つまり、ノーマルな状態から逸脱しているということになります。

 

このような状態になってしまうと、自己コントロール感を失い、目先のことしか考えられなくなります。

 

もちろん不倫をすることによるリスクなど頭にはありません。

 

考えることができない状態だからこそ、”病気”ともいえるのでしょう。

 

病気の人は、物の見方が歪む

 

”病気”に冒された人は、いったいどんな人を不倫相手に選ぶのでしょうか。

 

それは、自分の心の欲求を満たしてくれる人(錯覚なのですが)や性的な対象としてしか見れない人です。

 

女性からしたら、中には”性的な対象として見た=相手の女性に魅力があった”という見方をする方もいると思います。

 

でも、全く違います。

 

女性の本当の魅力というのは、内面からくる魅力ではないでしょうか。

 

不倫の場合は、相手の内面や魅力など二の次なのです。

 

そんなことよりも、

 

「誘えば乗ってくるかどうか」

 

「簡単にやらせてもらえるかどうか」

 

「遊べるかどうか」

 

「自分が欲している言葉を発してくれるかどうか」

 

という見方でしか、女性を見ていません。

 

私もシングルマザーになったときに既婚男性から声をかけられたことがありました。

 

その時の男性の目は、「獲物を仕留める目」又は「物を見る目」でしかありません。

 

不倫という病気に冒された人は、

 

”人を人と思えない”状態になります。

 

いかにして、利用できるか。

 

いかにして、現実逃避をさせてくれるか。

 

という考えしかないのです。

 

そして、自分のことも物としてしか扱えなくなります。

 

中には、「不倫相手が自分を救ってくれた」と勘違いする男性もいますが、それも錯覚です。

 

それは強いストレスを抱えているときほど、不倫は高揚感が得られるものになります。

 

人は強い高揚感を得られると、一時的に”生きている実感”が得られるからです。

 

この生きている実感が、「支えてもらっている」と錯覚してしまうのです。

 

怖いですね・・・。

 

現実と錯覚の違い

 

現実と錯覚の違いは、

 

現実に満たされていると、それは持続していきます。

 

錯覚しているだけだと、それは一時的なもので終わります(相手と会っているだけ等)。

 

偽の錯覚を感じたとしても、”真のやすらぎなど感じられない”のです。

 

生きている実感を得たくて不倫をしてしまったが、結局は生きている実感どころか、自己嫌悪や不安感、罪悪感、羞恥心しか得られないのです。

 

そして、それらの感情を更に感じないようにするために、不倫に没頭する・・という負のスパイラルです。

 

不倫をしている本人も自分のことを”物”としか扱えなくなってくるので、自己破壊やうつ病、不安神経症などの心の病気に陥っていくのです。

 

不倫に至る前から既に”病気”であり、それがエスカレートすると上記のような完治に時間がかかる病気へと至っていくのです。

 

”我を忘れて不倫をする”

 

ということは、本当は恐ろしいことです。

 

不倫からの生きている実感、自己をコントロールできている実感は、”全て錯覚”なのだと知りましょう。

 

よ〜く考えてみて下さい。

 

不倫を止めたときの自分。

 

怖くなかったですか?

 

全てを失う感覚はありませんでしたか?

 

不倫をする前の自分はどうやって生きていたか思い出せますか?

 

その時点で、不倫で得られるものは全て錯覚なのです。

 

本当の意味で”生きている実感”を得られていたら、そんな不安や恐怖心など出てきませんからね。

 

 

不倫は、世界をどんどん狭めていきます。

 

社会からも家族からも距離を取り、病的な世界だけで生きて行こうとします。

 

それはやがて”自己破壊”へ繋がります。

 

不倫から脱出するためには、自分の世界を広げていくことです。

 

自分の内面をしっかり見つめ、自分や周りにいる人たちも大切にすること。

 

社会としっかりと繋がりを持つこと。

 

偽りの自分から脱皮すること(どんな自分も受け入れること)。

 

そうすることで、本当の意味で”生きている実感”を得られるようになるでしょう。

 

 

夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブックは、妻の心の回復へと促すためのものですが、”不倫をした夫自身”も読まれることをお勧めします。
潜在意識(無意識)レベルで「不倫の繰り返しを防ぐワーク」も掲載されています。

 

 

関連記事〜不倫の真実

 

その他の記事はこちら

 

note限定記事(一部有料)

 

●読むだけでカウンセリング〜解決へ導くサポートブック

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

販売部数1000冊以上になりました。7〜8回分のカウンセリングに相当するサポートブックです。

 

 

サービス・料金・ご予約状況

 

サービス・料金、ご予約状況はこちらから

 

カウンセラーNAOKOのブログ・プロフィール

 

夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング〜明日へ架ける橋(ブログ)

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。

 

相談実績3,000件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングや夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

最新情報(記事を更新したとき)は、ブログにてお知らせしています!

 

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら