夫の不倫後〜妻の心を回復させて、自然な形で新しい夫婦の関係性を築いていきませんか?

サポートブックのセラピーを行う時期やタイミングについて

こんにちは。
カウンセラーのNAOKOです。

 

「夫の不倫で傷ついた心を回復させるサポートブック」の中に、「傷ついた心を回復させるセラピー」があります。

 

 

自分でも行うことができるいくつかのセラピーを紹介しています。

 

これらのセラピーは、心の状態に合わせた「タイミング」が大切なんですね。

 

例えば、夫の不倫が終息した直後や、心の傷がまだ深すぎるときは、「今ここ日記」のセラピーはタイミングではありません。

 

「今ここ日記」のセラピーを行う場合は、心の傷がある程度回復をしてきて、次の段階へと心が向かいたいときがタイミングです。

 

例えば、まだ夫のことが許せないけれど、ふとした瞬間に心地よさがあったり、なんとなく一緒にやっていくのかな?と思えたりと。

 

こんな気持ちが芽生えたときがタイミングです。

 

「今ここ日記」をつけることで、許せない気持ち、信じられない気持ちに支配されてしまったとき、「安心の場所」へ戻るスピードを早めてくれます。

 

「過去の夫」に縛られていた部分が少しずつ解放され、自然な形で「現在の夫」として受け入れられるようになっていきます。

 

 

怒りや憎しみ、悲しみが強いときは、感情を分離させてあげる「辛い感情に寄り添うセラピー」を行いましょう。

 

 

感情を分離させるということは、「客観的に自分の感情を見ることができる」ということです。

 

自分のことは自分で見れないように、苦しみでいっぱいのときは、その苦しみで全身が支配されています。

 

そのようなときは、少し感情と距離を置くことが大切なんですね。

 

苦しみでいっぱいの感情と少し距離を置くと、その苦しみの感情の「正体」が見えてきます。

 

そうすることで、初めて自分の気持ちに寄り添えるようになります。

 

人に吐き出し、共感をしてもらうことと原理は同じです。

 

「吐き出す」ことで、支配されている感情の距離が取れるようになります。

 

距離を取ることができれば、どんな気持ちになっているのかの「正体」が見えてきます。

 

共感をしてもらうことで、その感情を「大切に扱うことができる」ようになれます。大切にしていくことで、心は元気を取り戻していきます。

 

テキストを読みながらではやりづらい場合、スマホに自分の声を録音して(テキストを読み上げたもの)、その声に従ってイメージしながら行うとベストです。

 

 

「不倫が発覚した月や日などの嫌なイメージを、良いイメージに上書きしていくセラピー」については、できるだけ「今まで行ったことがなく、夫や不倫相手と関係のない場所」がベストです。

 

心がある程度回復をしていけば、嫌な場所や思い出したくない場所へもう一度行って、「良い思い出として上書き」することも可能なのですが、まだ心の傷が深い場合はできるだけ嫌な場所や思い出したくない場所へは行かないようにしましょう。

 

夫や不倫相手とは全く関係のない場所で、なおかつ五感(視覚・味覚・聴覚・嗅覚・身体感覚)をフルで感じられる場所が重要になります。

 

 

「夫がまた不倫をしているのでは・・と不安が強くなった場合の対処法」については、認知行動療法に基づいて作ったものです。

 

夫の不倫が完全に終わっても、一度でも不倫をされてしまった場合は、心が回復をしていくまでは「不安」と「猜疑心」でいっぱいになります。

 

「安心の積み重ね」ができるまでは、不安や猜疑心は払拭できません。

 

このセラピーでは、不安や猜疑心で邪魔されがちな「安心感」を積み重ねるお手伝いをしてくれます。

 

 

どのセラピーも、クライエントさんが必要としている場合に提供させていただいているセラピーです。

 

 

カウンセリングでは「フラッシュバックを軽減するセラピー」を行うことがあり、このセラピーを行った方には効果は出ています。(一度だけではなく、何回か行う場合もあります)※希望された方のみです

 

今回、そのセラピーをサポートブックに載せられなかったのは、一人で行うには非常に難しいからです。

 

高度なテクニックが必要とされますし、クライエントさんの心の状態を見ながら、それに合わせて行う必要があるからです。

 

カウンセラーが誘導していくのですが、終わるまでは30分程度かかります。

 

夫と不倫相手との卑猥な映像や嫌な場面が頭にこびりついている場合や、特定の場面の記憶をやわらげたい場合には非常に効果があります。

 

1回のセラピーでは、1つの嫌なイメージをやわらげることができます。

 

NLP(神経言語プログラミング)に基づいたセラピーでもあるため、効果は高いと言えます。(NLPは「脳の取り扱い説明書」とも言われています)

 

ご希望の場合は、ご相談下さいね。

 

 

サポートブックのセラピーのほとんどがNLP(神経言語プログラミング)に基づいて、一人でも行えるように作っています。

 

サポートブックを購入された方は、自分の心の状態に合わせてセラピーを行ってみて下さいね。

 

苦しいなぁ・・と感じる場合は、まだその「時期ではない」場合がありますので、心が回復していくまではサポートブックの「心が回復するために必要なこと」を何度も繰り返し行ってみて下さい。

 

 

心が回復していくまでは様々な苦しみが伴うと思いますが、周りの方に支えてもらいながら心の回復能力を信じて、焦らずに回復させてあげましょうね。

 

ずっと今の状態が続くことはありません。

 

「回復をさせたい気持ち」が強ければ強いほど、必ず心は回復をしていきますからね。

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へ導くサポートブック>

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。現在は、富山県在住。H28年春以降は、東京に拠点を移し活動の幅を広げていく予定。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングや夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら





 
無料メルマガ 公式ブログ(不倫問題) 電子書籍(夫の不倫後ケア サービス・料金 カウンセリングのご感想