夫の不倫後〜妻の心を回復させて、自然な形で新しい夫婦の関係性を築いていきませんか?

再び夫が離れていくのが怖いとき

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKOです。

 

不倫をしていた夫がようやく戻ってきた・・。

 

安堵感と同時に、怒りや悲しみ、不安という「また別の感情」が出てくることがあります。

 

夫が不倫をしている「渦中」の頃は、「夫は本当に戻ってくるのだろうか?」と常に緊張感や危機感でいっぱいです。

 

この時は「怒り」の感情や「悲しみ」の感情よりも、上記のような「緊張感」の方が強いんですね。

 

夫が不倫を止めて戻ってきた途端に、怒りや悲しみの感情に加えて、「更なる不安」に襲われることがあるのです。

 

心の中ではムクムクと「怒り」や「悲しみ」の感情が出てきているのに、「再び不倫相手のところへ戻ってしまう不安が強い」と、それらの感情を抑圧してしまうこともあります。

 

本当は心の中で抑えている感情を夫に出したい!伝えたい!と思っても、「離れてしまう不安」の方が大きいので、言葉を飲み込んでしまうんですよね。

 

それ以上に、夫の顔色を伺ってしまったり、ご機嫌を取ろうとしてしまったり、自分の心とは裏腹な行動をしてしまいがちです。

 

そのようになっても無理もないんですよね。

 

一度でも「夫が離れてしまうかもしれない」という恐怖心を感じてしまうと、「もう二度とそのような思いはしたくない」と感じますから。

 

 

ただ、心の中で感じていることと、行動が裏腹な状態が続いてしまうと、心と体のバランスが取れなくなってしまうんですね。

 

心と身体がバラバラのように感じたり、本当の自分はどこへ行ってしまったのだろう?と感じたり、身体に不調が表れたりと・・・。

 

 

夫の顔色を伺い過ぎてしまうときは、自分の気持ちよりも、夫の気持ちにシフトが向いているときです。

 

「これを言ったら、夫は機嫌悪くなるかな・・」

 

「これをしたら、夫は気分を概して、また離れてしまうかな・・」

 

私も昔は、自分の気持ちよりも、相手の顔色を伺いすぎて心が疲弊していたときがあります。

 

見捨てられたり、機嫌が悪くなったり、怒られたりする方が嫌なので(苦痛)、その「痛み」を避けるために自分の感情を置き去りにしていました。

 

これもある意味「自分を守るための術」でもあるのですが、ずっと相手の気持ちにシフトを置きすぎてしまうと、

 

自分が何を感じていて、何をしたいのかという「欲求」がわからなくなってしまいます。

 

痛みは最小限に避けられるのですが、その分、自分の感情がわからなくなるので、喜びも感じられなくなってしまうんです。

 

 

自分がどうしたいかということよりも、夫の顔色を伺い過ぎてしまっているときは、一旦意識をしてでも「自分の心」にシフトを置いてみましょう。

 

「自分は今、何を感じているのかな?不快な気持ち?モヤモヤしている?」

 

「自分は今この瞬間、何をしたいのだろうか?寝ていたい?何もしたくない?」

 

このように、自分の心に質問をしてあげるのです。

 

 

自分の心の中に「もう一人の自分」がいることをイメージしながら、何度も問いかけてあげます。

 

「●●をしたいけれど、それをしたら●●されるかも・・・」という不安が出てきたら、「そういう不安を感じているだね」と不安な気持ちも認めてあげましょう。

 

その上で、どんなに小さなことでもいいので、自分が望むことを1日1つだけでもやってみましょう。

 

 

以前、カウンセリングをさせていただいた方が早速実行して下さったのですが、「今まで言いたくても言えなかったことが、一つ言えるようになりました」と仰っていました。

 

「こんな風に自分を大切に思えたのは久しぶり」と仰っていたのですが、その一つの行動が「自分を大切にすること」に繋がります。

 

自分を大切にできるようになると、相手の気持ちよりも、自分の気持ちにシフトが置けるようになっていきます。

 

それだと「自己中にならない?」と感じると思いますが、相手の気持ちにシフトを置きすぎてしまっているときは、少し極端なぐらい「自分の気持ち」にシフトを置くぐらいでちょうどいいんです。

 

そのうち、「自分の気持ち」にシフトを置いて、次に「相手の気持ち」にも目を向け、バランスが取れるようになっていきますから。

 

 

不安な気持ちがあるということは、自分の中にある自信や自尊心が少なくなってしまっているときです。

 

少しずつ失われた自信や自尊心を取り戻してあげて、心と身体のバランスを取っていきましょうね。

 

そうすることで、抑えていた感情を少しずつ伝えることができるようになりますから。

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へ導くサポートブック>

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

無料メルマガ〜「不倫問題はこれで解決!幸せな人生を取り戻す為の最上のヒント集」

 

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法や傷ついた心の癒し方など夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

 

2,500件以上の相談実績を持つ、カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。現在は、富山県在住。H28年春以降は、東京に拠点を移し活動の幅を広げていく予定。

 

相談実績2,500件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングや夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら





 
無料メルマガ 公式ブログ(不倫問題) 電子書籍(夫の不倫後ケア サービス・料金 カウンセリングのご感想