「浮気は男の甲斐性だ!」と主張する夫たちへ

 

 

浮気は男の甲斐性なの?

 

こんにちは。

 

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

夫が浮気や不倫の言い訳の一つとして、

 

「男性の性」

 

を全面に出してくるときがあります。

 

「浮気は男の甲斐性だよ!」

 

「浮気なんて男だったらみんなやってるだろう?」

 

「男は、遺伝子を残すために一人でも多くの女性に〇〇を蒔く生き物なんだよ」

 

”だから仕方ないだろう?”

 

と締めくくる。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

「だから何ですか?」

 

 

「あなたは、理性のない動物なのですか?」

 

 

「誰に言い訳しているのですか?」

 

 

突っ込みどころ満載です。

 

 

そもそも、その言い訳をしたところで、解決するのでしょうか?

 

妻の不安は消えるのでしょうか?

 

 

本当は正当化(自己防衛したいだけ?

 

 

いやいや・・

 

自分の行いを「正当化したいだけ」でしょう。

 

そもそも、正当化して夫婦仲が戻るとでも思っているのですか?

 

本当に夫婦関係を修復したいと思っているのですか?

 

こんな正当化発言したところで、問題が解決するとでも本気で想っているのでしょうか?

 

 

他の男性がどうであろうと、

 

上司が不倫しまくっていようが、

 

友達が不倫しまくっていようが、

 

同僚が不倫しまくっていようが、

 

だからと言って、なぜあなたの浮気や不倫が正当化されるのでしょうか?

 

そこんとこよーく考えた方がいいですね。

 

他の人なんて、関係なくないですか?

 

目の前にいる妻しかいないんですよ。

 

目の前にいる妻に、「男だから仕方ないだろう」なんて言って、

 

それで本気で妻が「仕方ない」とでも思うと思っているのでしょうか?

 

思うわけないじゃないですか。

 

「男だから〇〇なんだ」という正当化は、

 

「無意味」

 

なんですよ。

 

 

余計に妻の心を逆なでするだけですし、そんなにバラマキたいのなら、結婚なんてしなきゃいいじゃないですか。

 

 

正当化したところで、夫婦問題は解決できるの?

 

 

妻という大事な人がいる限り、

 

お互いにとって心地の良い家庭を作っていく、築いていくものではないのですか?

 

なぜ、そこに「他の人は〜だから」とか「男なんてみんな〇〇だから」とか入るのですか?

 

今目の前にいると妻と仲良くなりたいんじゃないんですか?

 

正直、こういう話を聴くと、疑問だらけなんですよ。

 

はぁ?×無限大ですよ。

 

「じゃあ、結局どうしたいの?」

 

って聞きたくなるんですよ。

 

 

あなたのその「正当化」を並べた言葉は、「反発」や「攻撃」を生むだけで、

 

自己防衛どころかマイナスでしかありませんよ。

 

男だからって何をしていいわけでもない

 

お金を稼いで家にいれているからって、何をしていいわけでもない

 

全く関係ないし、別物ですから。

 

 

じゃあ、妻が夫と同じぐらい稼いでいるからって、浮気しまくってもいい理由になるのですか?

 

と逆に聞いてみたいです。

 

そこで妻が、

 

「こんだけ稼いで家計に貢献しているのだから、浮気ぐらいしたっていいでしょう?」

 

と言われて、それで納得できるんですか?

 

よく考えてみましょうよ。

 

 

目の前にいる「妻」と「どうなりたいか」

 

そこだけしかないと思うんですけど。

 

正当化して、自己防衛して、2人の仲が本当に良くなると思うのでしょうか。

 

 

よくね、

 

「女性と食事ぐらいいいじゃないか」

 

とか、

 

「女性と連絡取ったり、旅行に行くぐらいいいじゃないか。別に不貞行為しているわけじゃないし」

 

とか言う男性がいるのですが、

 

それは、

 

自分が勝手にそう思いたいだけですよね。

 

周りが同じことをしていようが、そんなの関係ないんですよ。

 

 

周りは周り。

 

自分の家族は、自分の家族。

 

 

つまり、「妻がどう感じるか?」しかないんですよ。

 

それ以外、何もないです。

 

 

確かに、女性の中では、

 

「別に食事ぐらいいいんじゃない?」

 

とか、

 

「浮気の一つや二つぐらいいいんじゃない?」

 

とか言う人もいますよ。

 

ただ、それは「他の人」であって、「あなたの家族」でも何でもありません。

 

目の前にいる大事な人が、

 

「どう感じるか?」

 

でしかないのです。

 

 

”大事な人に気分を害させたくない”

 

”嫌な思いをさせたくない”

 

という気持ちが一番大事だと思うのです。

 

 

自分では「浮気くらい大したことない」と思っていても、

 

妻からしたら「死ぬほど辛いこと」でもあるんです。

 

 

根本的な問題を解決するために

 

 

誰かと共に生きるのであれば、

 

相手の価値観や考えに沿うことも大切です。

 

自分の価値観が相手と同じとは限らない

 

他人ですし、親子だってそうではないでしょうか。

 

それを無理やり、

 

「俺の価値観に合わせろよ」

 

と強要するのもおかしくないですか?

 

妻は夫の奴隷でも何でもありませんから。

 

 

夫婦に優劣がついたら、難しいんです。

 

必ずどっちかが我慢しなくてはいけないから。

 

どこかで必ずバランスが崩れます。

 

そこは「お互いにすり合わせていく努力」が必要なのではないでしょうか?

 

それがイヤだったら、夫婦なんてやめて、一人で孤独に生きていったらいいじゃないですか。

 

 

自分の価値観を無理やり妻に合わせろと強要する

 

でも、自分は妻の価値観に合わせるつもりはない

 

それで夫婦仲が上手くいけばいいのでしょうが、

 

大抵は上手くいきませんよね。

 

 

それぞれに、常識の範囲内で

 

「どこまで許容できるのか?」

 

「どこまで譲り合うことができるのか?」

 

こうやってお互いを思いやりあいながら、世界で一つしかない「夫婦」という形ができるのではないでしょうか。

 

 

常識の範囲内で・・と言ったのは、

 

「相手の自由を限りなく奪う」

 

ということだけはしてはいけないからです。

 

 

例えば、私は嵐が好きなのですが、

 

もし夫が「嵐も男なんだから、ライブでも会いに行くのは許さない」

 

とか言ったら、

 

それはもはや、相手の自由を奪う領域になると思うんです。

 

「俺以外の誰かと旅行に行かれるのは嫌だから、友達とも旅行に行くなよ」

 

とかもそうですよね。

 

自分が寂しいからといって、そこを否定したり、止めたりしたら、もはや相手の自由を奪いかねません。

 

そこは「行き過ぎ」になりますので、そういった意味でも「常識の範囲内で」という言葉を使いました。

 

もちろん、夫はそんなことを言いませんが^^;

 

そんなことを言われたら、夫婦としてやっていくのは難しいですね(私はムリです)。

 

自分の自由を限りなく奪われてまで一緒にいる意味がわからないからです。

 

 

いくら夫婦でも大事な趣味を奪う権利はないのです。

 

ただ、私たち夫婦は、他の異性と個人で食事をする、2人で会って出かける、内緒で頻繁に連絡を取り合う、

 

というのは「お互いにイヤ」なので、そのようなことは一切しないようにしています。

 

そういったことは、する気もないのですけどね。

 

なので、

 

自分の価値観を相手に押し付けるのではなく、

 

それを無理やりに認めさせるのではなく、

 

何をしたら相手が嫌なのか?を知ること、尊重をすること

 

が一番大切だと思うのです。

 

 

そこに「他の人は」とか「他の夫婦は」とか関係ありませんから。

 

もちろん、「男だから〜」とかも関係ありません。

 

そこにあるのは、

 

妻とどうなりたいのか?

 

妻とどう生きていきたいのか?

 

妻は何を感じているのか?

 

妻はどんなことに傷ついているのか?

 

だけだと思うのです。

 

自己防衛のための「正当化」が顔を出してきたら、

 

そこに「なんの意味があるのか?」をよく考えてみて下さいね。

 

正当化は、自分を守っているつもりでいて、実は「自分も相手も傷つけていることもある」ということを忘れないで下さい。

 

関連記事〜夫の不倫後の心のケア

 

その他の記事はこちら

 

note限定記事(一部有料)

 

サポートブックのような内容の濃い記事を、単発記事にしました。

 

「夫の不倫発覚後〜夫が冷たくなり、離婚宣言をしてきたときの心理と対処法」

 

「妻が不倫をした夫に求めている反省とは何か?」

 

「不倫相手への憎しみが消えないときの対処法」

 

「夫が不倫をするのは、妻が不倫相手よりも劣っているから?魅力がないから? 」

 

「不倫という名の依存を断ち切るには・・ 」

 

「二度と不倫を繰り返さないようにするための対処法 」

 

「世にも怖い不倫相手の生霊と対策」

 

「不倫をした人は既にバツを受けている(エネルギーの観点から)」

 

「不倫をしている夫が”本来の姿”なのでしょうか?」

 

「結婚をした途端、夫婦生活が激減する理由」

 

「不倫相手に慰謝料請求をするよりも、破壊力があるもの」

 

「妻の心の傷を深く実感するためのワーク」(夫向け)

 

夫の不倫で傷ついた妻の心への寄り添い方(夫向け)

 

「謝罪をせずに、何事もなかったように家族に戻る夫の心理」

 

「フラッシュバックが起こりそうになったとき、フラッシュバックが起こってしまったときの対処法」

 

「フラッシュバックを軽減するセラピー(目にしたくないもの、聴きたくない音、通りたくない場所を軽減します)」

 

「再構築中に妻が「離婚したい」と繰り返す心の裏に隠された本音(夫向け)」

 

 

●読むだけでカウンセリング〜解決へ導くサポートブック

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

販売部数1,500冊以上になりました。7〜8回分のカウンセリングに相当するサポートブックです。

 

 

サービス・料金・ご予約状況

 

サービス・料金、ご予約状況はこちらから

 

カウンセラーNAOKOのブログ・プロフィール

 

夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング〜明日へ架ける橋

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。

 

相談実績3,000件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングや夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

最新情報(記事を更新したとき)は、ブログにてお知らせしています!

 

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら