2回、3回と繰り返されてきた様々な不倫のパターン

 

 

こんにちは!

 

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

 

夫の不倫が今回で2回目・・3回目・・という方のご相談もあります。

 

お話を伺っていると、

 

不倫を繰り返す方には、ある特徴があることがわかります。

 

 

1度目の不倫で「反省していない」

 

 

1度目の不倫で、

 

どれだけ妻や家族が

 

「傷ついたのか」

 

を理解していない場合ですね。

 

発覚直後に夫に不倫のことを指摘

夫が妻に謝罪

早い段階で不倫相手と切る

妻も反省をしていると見て、それ以上のことは責めなかった。

 

妻がどれだけ辛く悲しい思いをしているのか、

 

怒りを抱えているのかがわからずに終わってしまうと、

 

不倫へのハードルが低くなります。

 

次に、何らかの衝動性が来たときに、

 

抑止力がどうしても弱くなります。

 

 

1度目の不倫で「懲りていなかった」

 

 

反省していないのと同じなのですが、

 

不倫をしたことで

 

「自分自身が酷い思いをすることがなかった」

 

場合ですね。

 

妻や不倫相手に激しく責められたりすることがなかった場合は、

 

「不倫がバレても、結構大丈夫なんだ」

 

「妻もそれほど傷つきはしないのだろう」

 

という都合の良い解釈をしたまま終わってしまうと、

 

不倫に対するハードルが更に下がることがあります。

 

とんでもない勘違いですよね。

 

 

不倫は楽しい、刺激的だった・・と「快楽のみ」で終わっている

 

 

妻にバレずに不倫相手と別れた場合。

 

不倫を綺麗事のまま、

 

快楽のみ(刺激)が得られただけで終わってしまうことがあります。

 

この場合、妻にバレるまで

 

都合の良い解釈のまま不倫は繰り返されることがあります。

 

こんなことを繰り返していると、自己崩壊していくだけなんですけどね。。

 

 

不倫自体に「罪悪感がない」場合

 

 

特に、大企業ほど「不倫が蔓延している」ことがあり

 

(不倫をするのは当たり前、キャバクラに行くのも当たり前、女を買うのも当たり前)、

 

その場合は、

 

「不倫そのもの」

 

に罪悪感を感じにくくなります。

 

「上司や同僚もみな不倫をしている。自分だって別に不倫ぐらいいいだろう」

 

という安易な発想から、不倫へのハードルが低くなります。

 

みんなやっているんだからいいだろう・・

 

恐ろしい認識です。

 

上司も同僚も、

 

「今は」

 

もしかしたら大事になっていないだけかもしれません。

 

後から大変なしっぺ返しが待っていることも露知らず・・・。

 

 

不倫をしてしまった自分と向き合えていない場合

 

自分はなぜ不倫をしてしまったのか?

 

を深く考えずに、

 

以前と同じようにストレスを溜めてしまったり、

 

生活習慣を変えなかったために、

 

同じ衝動に駆られてしまい流されてしまうことがあります。

 

 

不倫の原因は、

 

妻が至らなかったから、

 

妻に魅力がなかったからではなく、

 

夫のその時のストレス状態やメンタルに深く影響をしています。

 

同時に、

 

「不倫をしたら、家族がどれだけ傷つくか?」

 

という想像力が欠如している場合も、

 

その時々の衝動で不倫に至ってしまうことがあります。

 

ストレス状態が強いときやメンタルが落ちているときに、

 

「たまたま女性が隣にいたから」

 

という軽いきっかけで不倫に至ることが多いです。

 

 

最初は、軽いきっかけからでも、

 

徐々に抜け出せなくなるほどの「泥沼化」していくんですけどね。

 

 

ご相談に来られる方の大半は、

 

「私が夫のことを構っていなかったからではないか」

 

「私が育児に必死になりすぎてイライラしていたからでは?」

 

と自分を責めてしまう方もいます。

 

 

原因がわかり、その原因を改善すれば、

 

「二度と同じことにならないだろう」

 

と思うので(無意識的に)、

 

「自分の落ち度探し」

 

をしてしまうのです。

 

自信もなくなりますし、自分を責めてしまうのも無理もありません。

 

 

私も突然理不尽なことが降りかかってくると、

 

まず「自分に落ち度があったのでは?」と思いましたからね。

 

とても冷静に考えることなどできないのです。

 

でも、多くは妻の責任ではなく、「夫の心」に問題があります。

 

とてもストイックに仕事をされる方だったり、

 

仕事を他の人に頼めずに自分で背負い過ぎたり、

 

寝る間も惜しんで仕事をしたりと。

 

 

パイロットやお医者さん、

 

先生業をされている方は、

 

普段から様々な欲求を抑圧することも多いので、

 

その反動が「性的欲求」を過剰にさせてしまうこともあります。

 

無意識的にストレスもどんどん溜まりますし、そうなると理性のコントロールも難しくなったり、想像力も欠如していきます。

 

行き当たりばったり、その場の感情だけで「動いて」しまうのです。

 

 

不倫の繰り返しを防ぐためには、夫自身が過度にストレスを溜めないことが大事です。

 

「新・夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるためのサポートブック」では、

 

夫自身が取り組む、認知行動療法を記載しています。

 

これは「根本的な解決」をするやり方でもあります。

 

夫の不倫が1度だけではなく、2度も3度も繰り返しているのであれば、上記のことを参考にしていただけると幸いです。

 

その他の記事はこちら

 

 

note限定記事(一部有料)

 

 

●読むだけでカウンセリング〜解決へ導くサポートブック

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

販売部数1,600冊以上になりました。7〜8回分のカウンセリングに相当するサポートブックです。

 

 

サービス・料金・ご予約状況

 

サービス・料金、ご予約状況はこちらから

 

カウンセラーNAOKOのブログ・プロフィール

 

夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング〜明日へ架ける橋

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。

 

相談実績3,000件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングや夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

最新情報(記事を更新したとき)は、ブログにてお知らせしています!

 

 

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら




ページの先頭へ戻る