夫の不倫後〜妻の心を回復させて、自然な形で新しい夫婦の関係性を築いていきませんか?

夫と不倫の話し合いをしても、夫がすぐに忘れる理由

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

夫の不倫が終わったとしても、妻の心の傷の回復の道のりは「始まったばかり」です。

 

「女とどんな風に過ごしたのか?」

 

「女のことを本当はどう思っていたのか?」

 

「なぜ、あなたは不倫に走ったの?」

 

「私がどんな気持ちになったのかわかる?」

 

色々と夫に「吐き出したい」ことや、「わかってもらいたいこと」など沢山ありますよね。

 

ただ、夫は不倫相手のことを「具体的に覚えていない」ことも多く、「自分がなぜ不倫をしたのか?」よくわかっていないこともあります。

 

妻に問いただされてようやく「そうなのかな・・」と漠然と思うことはあるようですが、明確に答えられる人はあまりいないでしょう。

 

 

話し合いをした直後は、妻がどんなに苦しい思いをしたのか、どれだけの怒りや悔しさを感じたのかをわかったとしても、夫は時間が経つとすぐに忘れてしまう・・・

 

こんな夫も多いのではないでしょうか?

 

そんなとき妻は、「忘れる」=「真剣に向き合ってもらえていない」「反省などしていない」と絶望します。

 

ここで、妻と夫との「気持ちの温度差」を強く感じてしまうんですよね。

 

 

 

なぜ、夫は妻のこれほどまでの辛い気持ちや悔しい気持ちを覚えていられないのか・・・

 

それは、「男女の差」にもあるんですね。

 

女性は基本的に「感受性が豊か」であり、自分や相手の「感情」も想像(イメージ)することができます。

 

一方、男性は女性の逆であって、「感受性に乏しい」一面があります。(全ての方ではないですが)

 

感受性に乏しいため、想像(イメージ)ができにくいのです。

 

何か問題が起こると、女性は自分の心と向き合ったり、内省をする力もあるのですが、男性は逆に「外に放出」しようとします。

 

つまり、何かしら「気が紛れること」をやって、自分の気持ちを見ないように(感じないように)します。

 

だからこそ、「今、自分はどんな気持ちになっているんだろう・・・」という自分の心に問いかけることが苦手です。

 

感受性が乏しい方は、相手が「どう感じているか?」にシフトを置くことができないのです。
(自分のこともわかりませんから)

 

 

「記憶」というのは、「インパクトの強さ」(楽しい、悲しいなどの)と、「反復」(繰り返し)をすることによって「より強く定着」させます。

 

記憶に深く残りやすいのは、「身体がわくわくするほど楽しかったことか、身体が痛くなるほどの苦しいことや辛いことか(感受性)」、「何度も同じことが繰り返されていること」など「限定」されているんですね。

 

より具体的に想像(イメージ)できることの方が記憶に残りやすいのです。

 

感受性が乏しい男性の場合は、妻の辛い気持ちや苦しい気持ちを想像(イメージ)することができないので、記憶に定着されにくいと考えられます。

 

 

すぐに忘れてしまうのなら、話し合いをするだけ「ムダ」ではないか・・・

 

と諦めてはいけません。

 

前述したように、インパクトを強くするか、反復(繰り返し)することによって、記憶に残りやすくなります。

 

いくつか対策を挙げていきましょう。

 

・夫が想像をする力がないのであれば、より具体的に妻の気持ちを伝えて少しでも「想像」(イメージ)させましょう。

 

・「繰り返し」妻の気持ちを伝えましょう。

 

・妻の気持ちは言葉で伝えるだけだと記憶に残りにくいです。できるだけ、話し合いをした後は、内容を紙にまとめて書いたり、いつでも「視覚」で捉えらえるようにしましょう。

 

このような工夫をすることで、感情を想像しにくい夫でも徐々に妻の気持ちを感じられるようになってきます。そして、記憶に残りやすくなります。

 

一度だけでは全く効果がありませんので、何度か繰り返し伝えることが大切です。

 

 

ちなみに、夫が「不倫相手のことを詳細に覚えていない」というのも、それだけ「心動かされる」ことが少なく、ただ欲求の赴くままに行動していたからです。

 

不倫相手のどこが魅力的で、どんな感性を持っていて、どんな志を持っていたのか・・なんて答えられる人(夫)はいませんからね。
そこは「見ていない」ので。

 

きっと、「〇〇してくれた」「〇〇と言ってくれた」等々と、「してくれて気分が高揚したこと」しか覚えていないでしょう。
不倫相手の「本質」に惹かれている人は、ほとんどいないと思います。(お聞きしている話からも)

 

 

夫の不倫という出来事は、妻にとっては心殺される行為でもあります。

 

一方で、不倫をした側というのは、そんな妻の苦しい気持ちを理解しきれない・・・。

 

それでは済まされませんよね。不安も払拭できません。

 

面倒かと思いますが、夫の不倫の繰り返しを防ぐためにも、妻の苦しい気持ちを少しでもわかってもらうためにも、ちょっとした工夫をして夫の記憶に深く定着させましょうね。

 

 

 

その他の記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

<読むだけでカウンセリング>

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

無料メルマガ〜「不倫問題はこれで解決!幸せな人生を取り戻す為の最上のヒント集」

 

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法や傷ついた心の癒し方など夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

 

2,500件以上の相談実績を持つ、カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。現在は、富山県在住。H28年春以降は、東京に拠点を移し活動の幅を広げていく予定。

 

相談実績3,000件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリング夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら





 
無料メルマガ 公式ブログ(不倫問題) 電子書籍(夫の不倫後ケア サービス・料金 カウンセリングのご感想