夫の不倫後〜妻の心を回復させて、自然な形で新しい夫婦の関係性を築いていきませんか?

私の夫はセックス依存症なのでしょうか?

 

こんにちは。
カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

 

夫の不倫のご相談の中でも、

 

・風俗通い(数年〜数十年)

 

とっても多いです。

 

夫と結婚をして数年が経ち・・・夫の風俗通いが発覚した。

 

「風俗なんて行くわけないだろう」と言っていた夫が、まさかの風俗通い。

 

調べると、なんと結婚前から通っている。

 

なぜ付き合っているときに止めてくれなかったのだろう?

 

なぜ結婚をしたときに止めてくれなかったのだろう?

 

私は、夫にとってどんな存在なの?

 

本当は夫は私のことを女性としてみてはいないのだろうか?

 

本当は夫は私のことを愛してなどいないのではないだろうか?

 

今まで知らなかった夫の一面・・・まさか夫にこんな裏の姿があったなんて・・。

 

信じたくない、受け入れたくない。

 

 

世の中では、

 

「風俗ぐらいは許してあげたら?」

 

「男なんだから、風俗ぐらいは行くでしょう?」

 

という女性もいますよ。

 

でも、「風俗には言って欲しくない」と思う方が大半ではないでしょうか?(私も絶対にイヤですね)

 

いくら風俗嬢に気持ちがなかったとしても、”自分の存在が否定された”と感じる行為です。

 

妻がいながら風俗に行かれるって、女性からしたら屈辱的です。

 

 

一方、風俗に通われている男性は、

 

「風俗ぐらいいいだろう」

 

「周りはみんな行っているんだから、別に大したことではないだろう」

 

と思っている方が多いです。

 

 

なぜ、風俗が習慣化されてしまったのか?

 

多くは大企業や会社経営者なのですが、周りの環境も「風俗通いが当たり前」になっています。

 

風俗通いになるきっかけは「上司や同期に誘われて・・」が最も多いです。

 

大企業や経営者の方は、金銭的にもゆとりがあることが多いのですが、反面、ストレスに晒されている方も多いです。

 

最初に誘われたことが「きっかけ」になり、それが「ストレス発散」と結びついてしまうと、風俗通いが止められなくなってしまうことがあります。

 

特に、最初の経験で”快楽の値=ストレス発散の値”が非常に大きいと危険です。

 

様々なプレッシャーやストレスを感じている→最初に行った風俗でかなりストレス発散できた→またプレッシャーやストレスを感じる→風俗に行って、支配欲を満たしたり、ストレス発散をさせる

 

簡単にまとめると、このような流れになります。(夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブックのP64に「依存への形成過程」が書かれています。)

 

基本的に、”不倫も風俗も依存に至るまでの形成過程は同じしくみ”となっています。

 

ただ、一時的に依存気味になっているのか、本格的に依存症になっているのかは、それぞれの思考と行動がカギになります。

 

「数年〜数十年の風俗通いでも、止めることはできるのでしょうか?」

 

と聞かれることもあります。

 

もちろん、人それぞれなのですが、基本的に”本人の意思と行動次第”で、止めることはできます。

 

現段階の依存度の値としては、

 

「〜しなければいられない」という強迫観念が強いと、それは高い依存度を示すことになります。

 

不倫関係では、「相手にLINEをしなければならない」「相手に連絡をしなければならない」という状態だと、依存度が高いです。

 

「〜したい」ではなく、「〜しなければならない」という状態ですね。

 

ただ、依存度の高さと愛情は、決して比例しません。

 

「脳」の問題なので、愛情とは全く別物です。

 

これは、風俗も同じで、妻に物足りなさを感じているから風俗に行くわけではありません。

 

「脳」が偏ったストレス発散の方法を覚えてしまったのです。

 

そこを変えていくには、現状の認識(感情やストレスの度合い)や行動が必要不可欠になっていきます。

 

不倫の繰り返しや風俗通いを止めるためには、サポートブックP117を参考にして下さいね。

 

実際に、不倫の繰り返しを防ぎたい、風俗通いを止められるようにしたいと望んでいる夫がサポートブックを読んで下さっている方も多いのですが、「全て当てはまっている!」と仰られます。

 

多くは意識化できていないので、サポートブックを読むことで「そういうことだったのか・・・そういわれてみればそうかもしれない!」と気づくことができます。

 

不倫も風俗通いも、まずは「気づくことから」が一歩です。

 

次に、意志の力では及ばない部分(無意識)を修正していくことが大切です(修正方法もサポートブックに掲載しています)。

 

ちなみに、風俗通いは法律違反にはなりませんが、妻が「イヤ」というのであれば止めた方がいいです(イヤというレベルではありませんが)。

 

大事な人にイヤな想いをさせないこと。

 

最低限の思いやりは忘れないで下さい。

 

 

 

その他の記事はこちら

 

 

 

 

<読むだけでカウンセリング〜解決へ導くサポートブック>

 

「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」(夫の不倫が終わっている方向け)

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」(夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

サービス・料金、ご予約状況はこちらから

 

カウンセラーNAOKO(松宮直子)のプロフィールはこちらから

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)

 

1974年 東京生まれ。

 

相談実績3,000件以上 主に、夫の不倫後の妻の心のケアのカウンセリングや夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングを行っています。

 

ご相談者さまの「心に寄り添い」「最大限に自己解決能力を引き出す」ことを何よりも大切にしています。

 

口コミで知名度も上がり(ありがとうございます)、リピート率も高いため、最も予約が取りづらいカウンセラーと化しています(^_^;)。

 

メインメニュー




電子書籍「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック」




本書は、H26年に開催したワークショップ「夫の不倫後の妻の心のケア」をベースに、様々なテーマを盛り込み、更に内容を充実させたサポートブックです。

前に進みたくても、過去に引き戻されてしまう。

思い出したくなくても、辛い出来事を思い出してしまう。

不倫をした夫を責めたくなくても、責めてしまう。

再構築したくても、気持ちがついていかない。

不倫をした夫を許したくても許せない。

やり直したいのか、やり直したくないのかわからない。

夫の不倫が終わったとしても、心に深い傷を負っている妻は、このように様々な苦しみや葛藤を抱いています。

本書では、自然な形で妻の心の回復を促していく他、不倫をした夫が適切に妻の心のケアをできるように、夫へのアドバイスも載せています。

読むだけで夫の不倫で傷ついた心の苦しみや葛藤が軽減するように、自然な形で心の回復を促していけるように構成しています。

更に、無理をすることなく、新しい夫婦の関係性を築いていけるようにサポートしています。





【無料メルマガ】夫の不倫問題を解決して、自分らしさを取り戻すためのヒントはこちら☆


不倫に陥る心理とは?どうして人は不倫をするのだろうか?

夫の不倫は終わったが、どうしたら心の傷は回復するのだろうか?

夫の不倫後に再構築をするにはどうしたらいいのだろうか?

心理的側面から徹底的に分析し、不倫に対する対処法夫に不倫をされて傷ついた妻の心の癒し方】【不倫問題を乗り越えた先の再構築についてなど夫婦間で起こる不倫問題を解決していきます!

2,500件以上の相談実績を持つ、心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)による最上のヒント集。

※上記メルマガでは、カウンセリングの最新情報(翌月の予約可能枠、受付開始時期など)をいち早くお知らせします。この機会にぜひご登録ください!(登録は無料です)

お申込み・お問い合わせはこちら


お申込み・お問い合わせはこちら





 
無料メルマガ 公式ブログ(不倫問題) 電子書籍(夫の不倫後ケア サービス・料金 カウンセリングのご感想